12F683EK3用プログラム済みPIC12F683Ver.1.0)の説明書

概要:

単機能エレキー12F683EK3で使用されるマイクロチップ製PIC12F683Ver.1.0)は外部に速度設定用VR、モニター音量調整用VR、5V駆動の発振器内臓ブザー等を接続することによってエレキーとして動作させることができます。

IO割付:

PIC12F683DIPタイプ)は以下のようにコンフィグレーションされています。


PIN1:電源5V
 レギュレータを介して安定化された5Vを電源として接続します。

PIN2:DI(デジタル入力)
 アイアンビックパドルのDASH(長点)を接続します。
 0V−>DASHパドルが押されている
 5V−>DASHパドルが押されていない

PIN3:AI(アナログ入力)
 50KオームのVRを接続します。モニターとして使うブザーの音量を設定します。
 0V−>音量最低(無音)
 5V−>音量最大

PIN4:DI(デジタル入力)
 アイアンビックパドルのDOT(短点)を接続します。
 0Vー>DOTパドルがおされている。
 5V−>DOTパドルが押されていない。

PIN5:DOPWM出力)
 モニター用の5V(発振器内臓)ブザーを接続します。
  PIN3のブザー音量設定に応じてデューティー比が変化します。

PIN6:DO(デジタル出力)
 キー出力。トランジスタ、リレー等を介してトランシーバのKEY入力に接続します。
 0V−>スペース
 5V−>メーク 

PIN7:AI(アナログ入力)
  50KオームのVRを接続します。キーイングの速度を設定します。
 0V−>最低速度
 5V−>最高速度

PIN8:電源0V
 GNDを接続します。





PIC 12F683を使ったエレキーの製作

戻る