高さ20mのベランダから釣竿アンテナを出す

スポンサーリンク

シミュレーションソフトMMANA-GALを使って、変形したグランドが記述できないかと思いMMANAを調べてみましたがどうやらできないようです。変形したグランドとは、たとえば小山の上に立てたアンテナや十分グランドされたビルの屋上に建てたアンテナという意味です。
グランドに突き刺したエレメントを定義して計算しようとすると、エレメントが地中に埋まっていますという警告がでて計算が中止されてしまうので、グランドされた鉄骨等を定義することはできないようです。鉄骨をイメージして1m間隔で6本の銅柱を高さ25mに置いて、高さ20mの場所から4mの釣竿アンテナを上方45度の方向に突き出したときのシミュレーションです。電波はかなり低い打ち上げ角度で放射されることを期待したのですが、38.7度とそれほどでもない結果になりました。

以下のアンテナ定義で計算しました。
mmana-gal
アンテナ形状は以下の通りです。
mmana-gal
パターンは以下の通りで、若干X側(銅柱がない方向)に偏っています。
mmana-gal
mmana-gal
更に、銅柱の数を増やすと指向性がするどくなる可能性もありますが計算時間がかかるようになります。

スポンサーリンク

戻る
TOPへ