エレメントの太さによる影響

スポンサーリンク


14MHzのダイポールアンテナを使ってエレメント(ワイヤー)の太さを変えた場合にSWR特性はどのように変化するかシミュレーションしてみました。
ダイポールアンテナ

地上高を20M、ワイヤー素材を銅線、リアルグラウンドの条件でワイヤー半径を0.5mm、1.0mm、2.0mm、3.0mmと変化させたときにSWRの周波数特性がどう変わるか?を確認しました。

半径:0.5mm


半径:1.0mm


半径:2.0mm


半径:3.0mm


半径:4.0mm


SWRが1.5未満の帯域Bw1.5、SWRが2.0未満の帯域Bw2.0をグラフ上にプロットすると以下の通りです。ワイヤーが太くなるほど帯域が広くなり、これは一般に言われていることと一致するようです。



スポンサーリンク

TOPへ
戻る