mikroCの基本

スポンサーリンク

基本型
マイコンで使える変数でどのくらいの範囲を表現できるかは、気になるところですが、mikroCでは4バイトの浮動小数点まで
使えます。

変数型 バイト数 範囲
(unsigned) char 1 0 .. 255
signed char 1 - 128 .. 127
(signed) short (int) 1 - 128 .. 127
unsigned short (int) 1 0 .. 255
(signed) int 2 -32768 .. 32767
unsigned (int) 2 0 .. 65535
(signed) long (int) 4 -2147483648 .. 2147483647
unsigned long (int) 4 0 .. 4294967295
float 4 ±1.17549435082 * 10-38 .. ±6.80564774407 * 1038
double 4 ±1.17549435082 * 10-38 .. ±6.80564774407 * 1038
long double 4 ±1.17549435082 * 10-38 .. ±6.80564774407 * 1038

配列
配列も可能で通常のC言語のように
int hairetu[10];
のように宣言することができます。確保できる配列はメモリ容量によります。

2進数定数の表現
個人的に、CPUの初期設定等で好んで2進数での表現を使っています。このほうがデータシートを見たときにわかり安い
からです。
2進数で定数を表現するには
0b00110011
とします。

デバイスの指定
プロジェクトで使用PICを指定することで、そのデバイス用の定義ファイルを自動的に読み込んでくれるので
#include <PIC16F84>
等の記述は不要です。自分で作ったヘッダファイルを読み込む場合は、#include プリプロセッサを使うことは
できます。


TOPへ